世界一受けたい授業の補習のことなら、是非当サイトを参考にして下さい(^_-)-☆

病気の原因「炎症」を抑えるポリアミンとは?

早田邦康 先生
炎症というのが、多くの生活習慣病や老化に関係していることが、2000年ぐらいからわかってきたそうです。
炎症というのは、外からやってくるウィルスや細菌を体の中に入れないようにする働きで、体を守ってくれている重要な機能なのです。
日常生活で炎症といわれているのは、急性炎症といわれる、血管の中にいる白血球がウィルスや細菌を探知して血管の外に出て始まるもので、痛みを伴ったりしますのでわかりやすいものです。これは、生活習慣病とは関係なく、痛みも熱も出ない炎症があるそうです。
これを慢性炎症といいますが、徐々に体の中で進行していくので自覚症状がなく、体がダメージを受けてしまいます。
動脈に慢性炎症が起こり続けると動脈硬化に、膵臓が悪くなると糖尿病に、胃の中にピロリ菌が発生して慢性炎症を起こしたり、大腸に慢性炎症が起こり続けるとガンになるというようなものです。
ポリアミンという物質が慢性炎症に良いといわれています。
ポリアミンを多く含む食事をとるのが、慢性炎症を予防するのに効果的だといわれています。
ポリアミンとは、全ての動物や人間の細胞の中でアミノ酸の一種であるアルギニンから合成される物質です。その役割は、細胞の分裂を促進して、細胞が新しく生まれ変わることを助けています。

«  病気の原因「炎症」を抑えるポリアミンとは?  »