自費出版する費用、価格について

自費出版する人が増えています。気になるのは費用ですよね。

自費出版とは

自費出版に対して、商業出版といわれるものがあります。
これは発行元が制作の費用を負担し、自らの責任でリスクを負う出版のことをいいます。
そのため、出版物を読者のニーズにそった内容にし、掛かった費用を回収するために内容や広告を考えて出版されます。
つまり、売れるための本づくりのことです。この商業出版はこのような理由で、著者の思い通りの本づくりが不可能になる場合があります。
この場合、著者は書いた原稿に対して印税、原稿料など形でその対価を版元から受けます。
自費出版とは、著者が自分で書いた原稿を、自分の資金(費用)で本につくり上げ、発行する出版することを言います。
本の内容・造本についても最終的には自分で責任を負うことになります。
費用の面でもすべて自分の負担になります。
原稿も費用も自分持ちですから、著者の思い通りの本づくりが可能になります。

この記事の関連ワード
トラブル 現代と私たち 見積もり ボス 障害者 

カテゴリー:自費出版

   自費出版の方法 »
最近の記事
自費出版の費用
自費出版の方法
自費出版とは
スポンサードリンク
関連商品
自費出版の関連商品
カテゴリー
自費出版
アーカイブ
2009年 11月
Copyright © 2009 自費出版する費用、価格について. All rights reserved