自費出版する費用、価格について

自費出版する人が増えています。気になるのは費用ですよね。

自費出版の費用

自費出版の費用は一番気になるところです。
10万以下からできるところもあれば、100万以上かかる場合もあります。
本のサイズや、表紙や紙の質、ページ数、印刷色数など、細かいところでかなり上下します。
自分の出せる予算を最初に決めておくことが重要です。
自分の希望条件で出版社(業者)から、見積りがでますので細かくチェックしましょう。
出版社によっては、細かい見積もりを出してくれない時がありますので、その場合は注意した方がよいかもしれません。
この予算であれば、これくらいの本が出来上がりますと、実際に自費出版された出版物をいただけることもあります。
遠慮しないで、なんでも質問することです。
自費出版とはそういうものだと思います。

 

この記事の関連ワード
障害者 トラブル php 画集 ウイング 

自費出版の方法

まずは自費出版したいアイデア、原稿などが当然必要になります。
本の内容と的、どのくらいの部数をどのような体裁(サイズ等)で自費出版したいのか?
そして、大切なのが自分が出せる予算です。
以上が決まりましたら、自費出版を扱っている出版社、業者を探しましょう。
文芸社などは、自費出版を積極的に扱っています。
しかし、最近出版社の倒産が目立ってきていますので、口コミ情報など情報はできる限り集めてから、出版社に連絡しましょう。
出版社に連絡をすると、担当の方がついてくれますので、聞きたいことはすべて質問するようにしましょう。
出版のプロですから、いろいろとアドバイスはいただけます。
しかし、自費出版ですから、自分の主張は貫き通すぐらいの気構えが大切です。

 

この記事の関連ワード
破産 画集 障害者 絵本 見積もり 

自費出版とは

自費出版に対して、商業出版といわれるものがあります。
これは発行元が制作の費用を負担し、自らの責任でリスクを負う出版のことをいいます。
そのため、出版物を読者のニーズにそった内容にし、掛かった費用を回収するために内容や広告を考えて出版されます。
つまり、売れるための本づくりのことです。この商業出版はこのような理由で、著者の思い通りの本づくりが不可能になる場合があります。
この場合、著者は書いた原稿に対して印税、原稿料など形でその対価を版元から受けます。
自費出版とは、著者が自分で書いた原稿を、自分の資金(費用)で本につくり上げ、発行する出版することを言います。
本の内容・造本についても最終的には自分で責任を負うことになります。
費用の面でもすべて自分の負担になります。
原稿も費用も自分持ちですから、著者の思い通りの本づくりが可能になります。

この記事の関連ワード
トラブル 現代と私たち 見積もり ボス 障害者 

最近の記事
自費出版の費用
自費出版の方法
自費出版とは
スポンサードリンク
関連商品
自費出版の関連商品
カテゴリー
自費出版
アーカイブ
2009年 11月
Copyright © 2009 自費出版する費用、価格について. All rights reserved